東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

<ヒーロー>背番号3でリベンジ 水戸商・3年滑川将投手

2010年7月24日

写真

 水戸商にとっては春季大会に次ぐ常総学院撃破。しかし滑川投手には、ついに果たしたリベンジだった。

 二年の春、背番号1を背負った左腕は、今回が同学院相手に公式戦3度目の登板。二年の春季大会は4失点で完投負け。昨年夏の大会前、投げすぎで腰を痛め、「思うようなピッチングができなくなった」。途中登板で打ち込まれた。

 今年の春季大会では登板の機会すらなかった。「チームが勝てばいい」。そう口にしたが、投げて勝ちたいという気持ちもあった。

 背番号3で迎えた今大会。腰に不安は残るが、前日先発を言い渡されると、「やるしかない」と気合を入れた。

 「後ろに武藤(優太投手)がいる」と初回から全力投球。六回途中2失点で武藤投手に任せるまでピンチの連続だったが、試合後、「芯(しん)にあたった打球は少なかった。(リベンジよりも)次につながったことがうれしい」と会心の笑みを浮かべていた。 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

PR情報