東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

きょう決勝 水城×霞ケ浦 初出場かけ対決

2010年7月27日

波崎柳川―水城 1回裏一死満塁から逆転の中越え3点適時二塁打を放つ水城・石井選手=水戸市民球場で

写真

 全国高校野球選手権茨城大会は二十六日、水戸市民球場で準決勝2試合があり、水城が初の決勝進出を果たし、霞ケ浦が2年ぶり2度目の決勝進出を決めた。両校ともノーシードから勝ち上がった。夏の大会初出場をかけた決勝は二十七日正午から同球場で行われる。 (堀尾法道)

 水城は2点を先制された一回裏、1死満塁から5番石井雄大選手(三年)の中越え3点適時二塁打で逆転。その後も効果的に追加点を奪い逃げ切った。波崎柳川は初回4連打などで2点を先取したが、一回途中から救援した大川将史投手(同)を打ち崩せなかった。

 霞ケ浦は打線が爆発。二回に相手の野選で先制すると、五回には岩瀬裕太選手(二年)が満塁から走者一掃の適時三塁打。送球がそれる間に自らも本塁を踏んだ。さらに六回、4番小田部圭選手(三年)の左越え2点本塁打でコールド勝ちを決めた。先発間中一樹投手(同)は毎回の7奪三振で零封。水戸商は柴沼蓮選手(同)が2安打するなど気を吐いたが、後が続かなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報