東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

<熱球譜>力みが…エース悔恨 霞ケ浦3年 倉田泰明投手

2010年7月28日

写真

 直球の威力、スピードが持ち味だが、決勝の大舞台で、そのストレートが走らない。五回、強打の水城打線につかまる。5本の長短打を浴びて4失点。想定外の途中降板を余儀なくされた。

 「いつもならファウルになる高めの直球をとらえられた。投げている感覚が違った」と振り返る。準決勝は休養し、万全で向かったはずのマウンドで変調に気付いた。「コーナーを丁寧に突こうとしたが力んで球に力が入らなかった」と悔しさをにじませた。

 春季大会時の背番号は10番。「最後は自分がエースになる」と練習に励み、好敵手の間中一樹投手(三年)からエースナンバーを勝ち取った。

 「悪い」。すでに3点を失った先発の間中投手が二回に降板してマウンドを引き継いだ。ナインの気持ちを背負って臨んだが、相手の強力打線に打ち込まれた。

 「心のどこかに弱みがあった。自分の力不足です」。気丈なエースは敗戦の責を一身に背負い、球場を後にした。 (沢田佳孝)

    ◇

 霞ケ浦・高橋祐二監督の話 完敗です。ここまで打たれると思わなかった。(先発の)間中の早期降板は誤算。バントミスもあり浮足立ってしまった。

 同・牧野晃士主将の話 自分たちの野球ができず悔しい。早く1点を取って流れをつかみたかったが、守備からリズムをつくる本来の戦いができなかった。

 

この記事を印刷する