東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

決勝 水城やったぜ 春夏初切符 投打完ぺき甲子園へ

2010年7月28日

優勝を決めスタンドに勝利を報告する水城ナイン=水戸市民球場で

写真

 第92回全国高校野球選手権茨城大会は二十七日、水戸市民球場で決勝があり、水城が11−0で霞ケ浦を下し、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。二〇〇八年に水城の監督に就任した橋本実監督は水戸商を率いて出場した〇一年のセンバツ以来の甲子園。霞ケ浦は2年前に続き、またも決勝で涙をのんだ。全国高校野球選手権大会は来月四日に組み合わせ抽選会が行われ、七日に甲子園球場で開幕する。 (堀尾法道)

 水城は初回、相手の先発間中一樹投手(三年)の立ち上がりを攻め、1死一、三塁のチャンスをつくると、4番萩谷直斗選手(一年)が右翼席に先制の3点本塁打。二回にも交代した倉田泰明投手(三年)から加部東達紀選手(同)が右前適時打で追加点。五回には3連続適時打など5安打を集めて4点を奪い突き放した。先発大川将史投手(同)は被安打5で完封。

 霞ケ浦は一、二回に先頭打者が出塁したが、犠打ミスで走者を送れなかったのが痛かった。

 

この記事を印刷する

PR情報