東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・神奈川】

<ヒーロー>投法変え安定感増す 東海大相模 一二三慎太投手(3年)

2010年7月31日

写真

 不振のトンネルを抜け、真夏の日差しを目いっぱい浴びた。

 九回、2死三塁。フルカウントで選んだのは直球。外角に丁寧にコントロールされた139キロで、追いすがる横浜の代打を一ゴロに打ち取った。

 1回戦負けした今春のセンバツから極度の不振に陥った。練習試合ですらコントロールが定まらず「どうなるのか」。不安と悩みが渦巻いた。

 そんな中、門馬敬治監督からメールが届いた。「おまえがエースなのは変わらない」。普段、選手にメールなど送ることのない監督の言葉に「自分が甲子園にもう一度連れていきます」と返信した。

 気分転換のつもりで、五月に上手から横手に投げ方を変えると、制球が安定、得意のスライダーの切れ味も増した。シャドーピッチングの回数を増やし、故障しにくい投げ方を試行錯誤。横手の有名投手も参考にし、新フォームと自信を手に入れた。

 横浜を4安打に抑え、神奈川の頂点に立ったが、「(完成度はまだ)八十パーセント。自分のピッチングではなく、仲間の連携が良くなったから勝てた」と控えめな主戦。「春の忘れ物を取りに行きます」。甲子園での勝利という、新たな目標を掲げた。

  (酒井博章)

 

この記事を印刷する

PR情報