東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・西東京】

<熱球譜>1年分の悔しさに涙 日大二3年 広瀬陽太主将

2010年7月21日

日大二−日大三 3回表日大二無死二塁、投前犠打を決め、一塁へ走る日大二・広瀬主将=市営立川球場で

写真

 六回1死二塁。あと1点でコールド負けとなる場面で、日大三の佐野友彦選手(三年)が放った打球が左中間に飛んだ。「捕ってくれ」。二塁手の広瀬陽太主将はそう願いながらボールの行方を追った。しかし、ボールは左翼手のグラブをはじき、グラウンドに転がった。頭が真っ白になった。

 広瀬主将は一年生の夏からベンチ入りを果たし、チームの中心選手として活躍。昨夏の西大会決勝の日大三戦にも出場した。しかし、結果は同大会決勝で最多得点となる19点を奪われ、大敗した。「パワー、スピード、技術。すべてにおいて相手が上だった」と1年前を振り返る。

 打倒、日大三を目標に鍛えてきた。負けた悔しさを胸にチームを引っ張り続けた。得意のバントに磨きをかけ、田中吉樹監督から「最もうまい選手」と厚い信頼を寄せられるまでになった。

 「去年のリベンジを果たす」。そう思って、試合に臨んだ。しかし、日大三の猛攻を前になすすべがなかった。

 試合後、「去年の夏が昨日のことみたい」と1年分の悔しさが涙となってあふれた。それでも「日大三の猛攻は自分が一番よく知っている。強力打線を武器に全国制覇をしてほしい」とエールを送った。 (西川正志)

 

この記事を印刷する

PR情報