東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・西東京】

決勝は日大鶴ケ丘×早実

2010年7月25日

早実−早大学院 5回表早実無死一塁、安田選手の右翼線適時二塁打で生還する真鍋選手。左は千葉投手=神宮球場で

写真

 第92回全国高校野球選手権東京大会は二十四日、西大会の準決勝2試合が行われ、日大鶴ケ丘と早実が勝った。両校は二十六日午後一時から神宮球場で甲子園切符をかけて対戦する。

 日大鶴ケ丘と日大三は互いの主戦が終盤打ち込まれ、延長戦にもつれ込んだ。延長十四回表、日大鶴ケ丘は3四球で得た2死満塁で、中井選手の打球が大きく弾んで投手の頭を越え、内野安打となる間に、榎本選手が決勝のホームを踏んだ。日大三は4点を先行したものの連打で逆転され、八回に押し出し死球で追いついた。再三の好機を逸し、日大鶴ケ丘の救援・岡投手を攻略できなかった。

 早早対決となった第2試合は、早実の内田投手が先制の適時二塁打を放ち、その後も土屋、安田両選手の二塁打で追加点を挙げた。粘る早大学院を、内田、鈴木両投手の継投で振り切った。

 二十五日は東大会の準決勝2試合が行われる。好選手をそろえた私立校同士で、どの学校にも甲子園のチャンスがありそうだ。

 

この記事を印刷する

PR情報