東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・栃木】

<熱球譜>最高の仲間 一生の宝 作新学院3年 原光輝投手

2010年7月26日

力投する作新学院の原光輝投手

写真

 絶対に打ち取ってやる−。1−1で迎えた三回、2死満塁の危機。捕手の出した「外角低め」のサイン通りに、全力の直球を投げ込んだ。だが、わずかな力みから高めに浮き上がり、右翼スタンドに運ばれてしまう。結局、その点差を埋められないまま、最後の夏は終わった。

 「必ず甲子園のマウンドに立つ」。小学時代に誓った目標に、着実に近づいてきた。中学時代は少年野球チームの日本代表として世界大会で優勝し、最優秀選手に輝いた。他県の強豪校からの誘いを断り「地元に恩返ししたい」と作新を選ぶ。

 一年の冬には体育の授業で右足首を骨折。甲子園に出場した昨夏にはベンチを外れる悔しさも経験しながら、166センチの小柄な体を筋トレで鍛え続け、ようやくつかんだ背番号1番だった。

 試合終了後、「悔いなく投げ抜けた」とグラウンドで涙は見せなかったが、仲間に肩を抱かれると「おれのせいだ」とベンチ裏で泣き伏した“小さなエース”。栄冠には届かなかったが、充実した日々に「最高の仲間たちと野球ができた。一生の宝物です」と声を振り絞った。 (小倉貞俊)

 

この記事を印刷する

PR情報