東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・千葉】

<ヒーロー>明るくチームを照らす“太陽”  習志野3年 宮内 和也主将

右中間へ安打を放ち三塁へ滑り込む宮内主将

写真

 「最高です!」。声を荒らげたり、怒鳴ったりすることは、ほとんどない。笑顔が持ち味の穏やかな主将が、優勝後のインタビューでは感情を爆発させた。

 「俺のところへ飛んでこい」。九回裏2死、ショートの守備位置で念じていた。その通りに打球が飛んできた。落ち着いてグラブにボールを収め、二塁へ送球。アウト。「これで行けるんだ」。優勝が決まった瞬間、頭に浮かんできたのは夢にまで見た甲子園球場の光景だった。

 秋の県大会で専大松戸に負けてから、それまではっきりしなかったチームのスタイルを「つなぐ野球」に絞った。昨年のように強打者がいないチームにあって、勝つためにはこれしかないと思った。

 練習や試合で、イメージと違うプレーが出るたびに話し合いを繰り返し、選手一人一人に意識を徹底させる。苦労の連続だったが、春の関東大会優勝で確信した。「自分たちはこれでいいんだ」

 小林徹監督が「夏場の太陽」とたたえるように、宮内選手は笑顔でいつもチームを明るく照らす。「甲子園でもいつも通りやるだけ」。さらに自信を深めた太陽の輝きが、夢の舞台でもチームを輝かせる。 (深世古峻一)

 

この記事を印刷する

PR情報