東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 群馬 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・群馬】

<熱球譜>足攻受けエース涙 高崎商3年 金井和衛投手

写真

 夏の挑戦が終わり、帽子を脱ぎながら涙がこぼれた。「あと一勝まできて、少し緊張があった。できれば最後まで投げたかった」。大舞台で試合をつくれなかった悔いをにじませた。

 一回から積極的に攻めてきた健大打線に、思い通りの投球ができなかった。強気の投球が影を潜め、甘く入った球を捉えられた。暴投が失点につながることもあり、四回途中で降板。「足で揺さぶられ、崩れていった」。住吉信篤監督は「ストレートが走り始める前に出ばなをくじかれた。慎重になっていた」と振り返る。

 身長192センチの体から放つ140キロ超の速球やスライダーを武器に、決勝までのチームの快進撃を支えた。大会前から制球力をつけるために投げ込みを増やし、走者を意識した投球練習も重ねてきた。「皆が守ってくれてここまでやってこれた。このチームなら甲子園に行けると思っていたのに」。悔しさとともに仲間への感謝があふれた。

 「決勝で自分の投球ができなかったのは悔いが残る」と目を赤くしたエース。「大学でもっと自分を磨く。チャンスがあればプロを目指したい」。ピンチに強い信頼される投手へ、さらなる成長を誓った。 (中山岳)

 

この記事を印刷する