東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・東東京】

<熱球譜>甲子園の夢 友に託し 関東一3年 小野寺颯人捕手

試合後、健闘をたたえ合う帝京・水上選手と関東一・小野寺捕手(右)

写真

 六回裏、無死1、2塁のチャンス。四回裏には自らの安打をきっかけに1点をかえしている。「流れはこっちに来ている。つないでいこう」

 狙っていたのは外角球。しかし、内角の速球に思わず手が出た。鋭い当たりだったが、ライナーで直接三塁手のグラブへ。併殺打となり、チャンスはついえた。「外角を意識していた分、詰まらされた」。その先、チームが流れを引き寄せるチャンスは訪れなかった。

 昨夏の甲子園でもベンチ入りしたが、主力ではなかった。今夏、正捕手として、4番打者として、甲子園での活躍を心に期していた。打撃の調子は良く、準決勝まで全試合で安打を記録。満塁本塁打を含む2本塁打も放っていた。

 しかし、この日は帝京の内角攻めに苦しめられた。1安打を放ったものの、好機で一本が出ない。捕手としても皆川投手をもり立てたが、決め球の直球を狙い打たれた。「皆川は調子が悪くなかった。打ったバッターがすごい」と脱帽するしかなかった。

 試合終了の整列の後、帝京の中堅手・水上史康選手(三年)と抱き合っていた。実は小学校時代の同級生。水上選手に誘われ野球を始め、バッテリーを組んだこともある。

 開会式で会った時、「決勝で戦おう」とかわした約束が、現実のものとなった。水上選手には安打を許さなかったが、試合に負けてはどうしようもない。「絶対優勝しろよ、頑張れ」とエールを送る小野寺選手に、「頑張ってくるから、ありがとう」と笑顔で応えた水上選手。甲子園で活躍するという夢は、友に託された。 (佐藤大)

 

この記事を印刷する

PR情報