東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

<熱球譜>4番、負けても「元気に前向き」 栗原竜矢選手・大洗(3年)

写真

 一年生から不動の4番。初回2死三塁の好機で打席が回ってきた。「3年間やってきたことをやるしかない」。105キロの巨体を揺らしてバットを振ったが捕邪飛に終わった。

 一日に米を9合食べ、軽々とフェンス越えを放つ。パワーはチームで群を抜いていた。小倉雄太監督は「すべてあいつに預ける」と主軸に据えている。

 練習では力を発揮したが、気が優しく、本番で活躍できない面があった。過去2年の夏大会はすべて無安打。それでも小倉監督は叱咤(しった)激励し続けた。ようやく最高学年の今夏、積極性が出てきた。目つきも変わった。

 試合は久米貴大投手が打ち込まれ、大差がつく展開にも「踏ん張れ。バックを信じろ」と守備位置の三塁から声を掛け、気持ちが落ちないよう笑顔を絶やさなかった。

 最後は左飛。悔しさはあるが「今はすがすがしい気持ち。明るく元気に前向きにできた」と話し、細い目をさらに細くした。 

  (近藤統義)

 

この記事を印刷する

PR情報