東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

水戸桜ノ牧など、初戦突破

真壁−水戸桜ノ牧 4回裏1死一、二塁、水戸桜ノ牧の代打小沼弘治選手(右)が右前適時打を放つ=水戸市民球場で

写真

 第93回全国高校野球選手権茨城大会は十一日、水戸市民球場など4球場で1回戦8試合があった。5試合がコールドで、実力校が勝ち上がった。うち上位進出を狙う鉾田一や水戸桜ノ牧、明秀日立はそれぞれ、本塁打を含む2けた安打の猛攻で大勝した。

 麻生と対戦した土浦一は、先発の三谷健斗投手が完投し、接戦を制した。三和と対戦した日立工は延長十回に伊藤陵平選手の三塁打で勝ち越し、1点差で逃げ切った。

 十日は4球場で、1回戦12試合が行われた。清真学園は8点差を追いつき、境に逆転勝ち。取手松陽の定森寛明投手は神栖を相手に完封勝ちした。太田一や水戸短大付、東洋大牛久も順当に勝ち進んだ。 (近藤統義)

 

この記事を印刷する

PR情報