東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

勝田工がサヨナラ勝ち 水戸商はコールド発進

緑岡−勝田工9回裏1死満塁、四球を選んだ勝田工・田沢勇人選手(7番)を迎え、サヨナラ勝ちの喜びを爆発させるナイン=いずれも日立市民球場で

写真

 第93回全国高校野球選手権茨城大会は十二日、水戸市民球場など4球場で1回戦8試合があった。昨年4強の水戸商は総和にコールド勝ちし、好スタートを切った。追いつ追われつの接戦となった緑岡−勝田工は、勝田工が押し出しの四球を選び、劇的なサヨナラ勝ち。波崎柳川は打線が爆発し、高萩清松を寄せ付けなかった。

 常磐大高は高野雄太投手が好投し、古河三に完封勝ち。土浦二と対戦した伊奈は、小林俊太郎選手の先頭打者本塁打などの2点を守り切り、接戦を制した。

  (近藤統義)

 

この記事を印刷する

PR情報