東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

下館一 劇的サヨナラ弾

下館一−竜ケ崎南 9回裏無死、サヨナラ左本塁打を放ち、両手を広げてナインに応える下館一・荒木直樹選手(奥)=土浦市営球場で

写真

 第93回全国高校野球選手権茨城大会は十三日、水戸市民球場など4球場で1回戦8試合があった。うち5試合が1点差で、白熱した接戦が展開された。

 下館一は荒木直樹選手の劇的なサヨナラ本塁打で竜ケ崎南を下した。東風は佐藤直樹投手が粘って完投し、岩瀬に競り勝った。

 結城一は最終回に一挙4点を挙げ、総和工に逆転勝ち。茨城は下館工の反撃を凌ぎ、逃げ切った。

 この日で1回戦は終了し、2日間試合はない。十六日から2回戦が始まる。常総学院や水城など有力シード校が登場する。 (近藤統義)

 

この記事を印刷する

PR情報