東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

<ヒーロー>連続安打重ね勝利貢献 明野 柴翔太・健太選手

写真

 身長は共に178センチ。同じタイミングで同じ歌を口ずさむことも。明野を引っ張るのは双子の兄弟、柴翔太=写真(左)=と健太の両外野手だ。

 三回裏1死一、二塁。「何とかつなげたかった」と3番の健太選手が右前打で出塁。4番の兄へ満塁の好機をつくった。「いい刺激になった」と翔太選手は左前適時打で期待に応えた。四、六回にも兄弟の連続安打が飛び出し、「今日は出来過ぎ」と話すが、チームの3回戦進出に貢献した。

 小学四年から野球を始めた。別々の高校に進学する予定が、中学の成績などで一緒に入学することになった。

 昨夏、投手だった健太選手は肩を壊した。「あきらめるな。またいい球投げろよ」。主将も務める翔太選手の励ましで、右翼手として再出発。「翔太がカバーしてくれる」と、今では兄弟で右中間の堅い守りを築く。

 考える性格の兄と行動するタイプの弟。2人は「ライバルというより信頼し合える仲間。もう少し一緒に野球がしたい」と誓い合った。 (近藤統義)

 

この記事を印刷する

PR情報