東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

<熱球譜>幼なじみ、たたえ合う 鬼怒商3年 石崎翔太投手・大竹健太捕手

写真

 同点で迎えた七回裏、石崎投手=写真(左)=が突如乱れた。2つの四球を与え自らピンチを招いた。大竹捕手=同(右)=がマウンドに近寄る。「力抜いて、自分の信じた球を投げろ」。だが、その後、連打を許し、石崎投手は途中降板。中学二年から組んできたバッテリーの最後だった。

 2人は幼稚園からの幼なじみ。野球を始めたのは小学三年の冬。一緒だった。励まし合って進んできた野球生活。「ここは直球勝負だ」。球種やコースは、言葉はなくても面白いように考えが一致した。

 中学三年の冬、栃木県に進学を決めていた石崎投手に大竹捕手が「一緒に野球やろうぜ」。この一言が素直な心を解き放った。「大竹以外とは組みたくない」。3年間戦い続けた鬼怒商バッテリーの原点だった。

 この日投じた113球。試合後、大竹捕手が「今までで最高の球だった」とたたえると、石崎投手は「最高の捕手。かけがえのない思い出になった」と声を詰まらせた。 (近藤統義)

 

この記事を印刷する

PR情報