東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

<熱球譜>ひた向きに歴史刻んだ夏 東風3年 加藤大翔主将

写真

 初回1死満塁で、先制の好機。桜庭裕也監督から「今までやってきたんだから楽に打て」と指示が飛んだ。甘いカーブに反応すると打球は中堅へ。1回戦に続く安打で夏の大会で初打点となった。

 一年からレギュラーだったが過去2年は無安打。昨年は失策もしてコールド負けを喫した。「野球への姿勢が悪いとミスが出る」。監督の指摘が痛かった。それ以降「監督の言葉はすべて聞き、実行しよう」と意識を変えた。生活態度を改め、昼休みには学校周辺のごみ拾いにも励んだ。主将として「ひた向きであれ」との部訓を人一倍実践してきた。

 五回と八回には安打になりそうな飛球を全力で滑り込みキャッチ。中堅の守備でも魅せた。桜庭監督も「行動で示してくれた」と目を見張った。

 1回戦を勝ち抜き、創部3年目での「夏初勝利」と、歴史を塗り替えた今大会。「やってきたことは出せた」と目を赤く腫らす主将のひた向きな姿は、後輩たちに伝わったはずだ。 (近藤統義)

 

この記事を印刷する

PR情報