東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

<熱球譜>兄の雪辱果たせず涙 水戸葵陵3年 真家和基選手

写真

 1点リードされた六回に救援で登板したが、八回に4安打を浴び、自らもバント処理を誤る失策で、逆転勝利が遠のく4失点を喫した。それでも九回まで投げきった。

 兄の影響で野球を始め、ずっとその背中を追い掛けてきた。4年前の夏、兄は水戸葵陵の主戦として投げ、優勝を目指したが、準決勝で常総学院に敗れた。

 兄の雪辱を果たそうと同じ学校を選び、兄と池上昌二監督に「打倒常総」を誓った。チームの主戦となったが昨秋に肩を故障し、背番号1を長島龍投手(二年)に譲った。全力投球できるようになったのはつい2週間ほど前だった。

 それでもチーム力は充実し、優勝候補の一角とされ、「おれが甲子園に連れて行く」と意気込んだ。

 この試合は一塁手として先発した。五回には反撃ののろしを上げる右前適時打も放ち、六回に「自分の分まで投げてくれた借りを返さないと」と上がったマウンド。しかし、約束は果たせなかった。

 試合後「こいつら(チームメート)と野球できて良かった」と3年間を振り返り、「悔いはない」と言い切った。だが、相手の校歌が流れると、涙をこらえ切れなかった。 (近藤統義)

 

この記事を印刷する

PR情報