東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

<熱球譜>「一球の怖さ」胸に刻む 土浦日大3年・古畑進也選手

写真

 2点リードで準々決勝進出を目前にした九回裏2死二、三塁。打者の構えから、打球が三塁線に飛んでくる予感はあった。福田純平投手(三年)が投じた5球目。正面に来た強い当たりを体で止めると、一塁へ素早く送球した。だが、送球は一塁手のはるか頭上へ。2人の走者がかえり同点となった。

 「勝てるという気持ちが先行していた」「負けたらおれのせいだ」。延長戦に突入し、ベンチに戻ると涙が止まらなかった。

 遠投100メートルの強肩を買われ、チームではずっと三塁手。「一塁への送球は県内一」とチームメートの信頼も厚く、守備には自信があった。打撃でも中軸として六回に逆転となる2点適時打を放っていた。それだけに「一球の怖さを知った」九回だった。

 延長十二回にサヨナラ安打を浴び、最後の夏は終わった。試合後はチームメートの胸に顔をうずめた。福田投手は「おまえのせいじゃない。おれが打たれたからだ」と言ってくれた。仲間の言葉で気持ちを切り替えられた。「最高のみんなと野球ができたことに感謝したい。今日の試合は一生忘れない」。赤く腫らした三塁手の目に、もう涙はなかった。

  (近藤統義)

 

この記事を印刷する

PR情報