東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

藤代×霞ケ浦 夢切符を懸けきょう決勝 水戸市民球場で午前10時

霞ケ浦−水城 8回裏無死二塁、水城・萩谷直斗選手の左前打で二塁走者の小野瀬大勝選手が本塁に滑り込むが、タッチアウト=水戸市民球場で

写真

 第93回全国高校野球選手権茨城大会は二十七日、水戸市民球場で準決勝2試合が行われ、藤代と霞ケ浦が決勝に進出した。藤代は6年ぶり2度目、霞ケ浦は初の栄冠を目指す。

 藤代は主戦の鵜沢弘充投手が第1シードの常総学院を9安打で完封した。霞ケ浦は12安打を放ちながら16残塁と攻めあぐねたが、粘る水城を1点差で退けた。水城は夏春通じて3季連続の甲子園出場はならなかった。

 決勝戦は二十八日、午前十時から水戸市民球場で行われる。 (永山陽平)

 

この記事を印刷する

PR情報