東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・茨城】

<ヒーロー>打撃不振も最後に決めた 藤代3年 佐藤裕太選手

写真

 準決勝まで逆転勝ちが4試合。この日も「逆転の藤代」は健在だった。九回裏2死一、三塁で前の打者が粘り、左前にポトリと落とす同点打。球場の熱気が最高潮に達する中、打席に入った。「おれが決めてやる」

 ボールが3球続く。菊地一郎監督のサインは「真っすぐを狙え」。4球目の外角高めの直球を迷わず振り抜くと、打球は右中間へ高く上がった。二塁まで駆け抜けると、ベンチから仲間が一斉に飛び出してきた。「勝ったんだ」。生涯初のサヨナラ打となり、本塁で迎える仲間の涙に思わずもらい泣きした。

 6年前、藤代が夏の甲子園に初出場し、初勝利を挙げた瞬間をテレビで見てあこがれて入学を決めた。今大会で夢が届くところまできたが、打撃は不振続き。七回裏、満塁の好機に三振した。これで4回戦から15打席連続の無安打。監督から「これで負けたら、おまえは絶対悔いが残る」と喝が飛んだ。

 今春に三塁手から捕手になったため経験が浅く、守りは監督と投手陣に頼り切り。準決勝で完封した主戦鵜沢弘充投手(三年)が五回までに5失点で降板し、女房役としての責任を痛感していた。

 「絶対に勝って、鵜沢を甲子園で投げさせろ」。監督の言葉に奮起し、自らの打撃で夢の舞台を引き寄せた。「茨城の名に恥じないよう一戦必勝で粘り強く戦う」と甲子園での活躍を誓った。

  (近藤統義)

 

この記事を印刷する

PR情報