東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 93回大会 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第93回全国高校野球選手権大会(2011)・西東京】

<熱球譜>仲間を信じた3四球 早実3年 安田権守主将

早実−日大三 5回表早実2死二塁、バットを構える安田主将

写真

 最後の打者が空振り三振に倒れると、ベンチでパンパンと二度、手をたたいた。仲間の健闘をたたえるその顔から、笑みがこぼれていた。再び甲子園へ、という夢は途絶えたが、この1年を振り返れば悔いはなかった。

 早実は昨夏、甲子園で3回戦まで進出。自身も3番打者として計6安打を放った。打席に入る前に腕立て伏せをするユニークな姿も注目の的となった。

 しかし昨秋、新チームで主将として臨んだ初の公式戦・都大会予選で東亜学園に初戦敗退。主戦の内田投手が試合途中で足をつって一挙に逆転され、流れを戻せなかった。

 「考える野球ができていなかった」。一から出直すため、自分たちで練習メニューを考え、ミーティングも重ねた。練習に臨む姿勢を示そうと、グラウンドの整備や道具の出し入れも率先してやった。「気を抜いた日は一日もなかった」。個性の強いメンバーが結束していった。

 東日本大震災の影響で、規模が縮小された今春の都大会に出場できず、新チームは公式戦未勝利のまま今大会を迎えた。不安はあったが、選手たちは徐々に硬さがとれ、実力を発揮していった。

 自らもプレースタイルを変えた。ボール球でも打ちに行く積極性が持ち味だったが、見極めて四球を選ぶようにした。「かえしてくれると仲間を信じた」

 準決勝の佼成学園戦で3四球。決勝でも日大三・吉永投手のボール球のシンカーに手を出さず、3四球を選んだ。本塁には戻れなかったが、「一緒にここまで来られて夢を見られた。すごく感謝してます」。仲間のことを話すと、自然に涙があふれ出した。 (佐藤大)

 

この記事を印刷する

PR情報