東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・千葉】

172チーム 対戦相手は 袖ケ浦・金田主将が宣誓

選手宣誓が決まった袖ケ浦の金田竜主将=千葉市で

写真

 第94回全国高校野球選手権千葉大会の組み合わせ抽選会が二十日、千葉市稲毛区のスポーツ科学センターであり、2校による連合チームを含む172チーム、173校の対戦相手が決まった。大会は七月十一日、QVCマリンフィールド(同市美浜区)で開幕し、県内11球場で熱戦が繰り広げられる。決勝は同二十五日の予定。 (佐々木香理)

 開会式の選手宣誓は、抽選の134番目に大会開催回数の「94」の番号を引いた袖ケ浦の金田竜主将(18)に決まった。

 金田主将は「引く予感がして、(札を見て)『来たな』と思った」と任された大役に緊張した様子。「言葉を考えるうちに楽しみに変わるはず。自分の言葉でチームが勢いづくようにしたい」と抱負を語った。

 春の県大会16強がシード入りし、優勝した専大松戸のほか、松戸国際、木更津総合、拓大紅陵がAシードとなった。

 

この記事を印刷する

PR情報