東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・千葉】

[展望]Cブロック 甲子園出場校がひしめく

 専大松戸が安定しているが、甲子園出場経験校がひしめき合い、どこが勝ち上がってもおかしくない激戦区。

 千葉経大付は走攻守バランスがとれ、最速142キロのエース村田敬介投手の出来がカギ。石毛卓弥、実川剛両投手を中心とした市立船橋、長打力のある加藤悠平選手が4番に座る志学館、東海大浦安も上位進出のチーム力がある。春の大会に出場できなかった秋の準優勝校東海大望洋の戦いぶりも注目される。

栗原投手を中心にチーム練習する専大松戸=松戸市で

写真

<注目校>専大松戸 チーム力が増した

 昨年は同校初の高卒プロ野球選手となった上沢直之選手(現北海道日本ハムファイターズ)というチームの柱がいた。持丸修一監督は、今年のチームを「上沢みたいなスーパースターはいないけど、チーム力は今年の方が高い。優勝してもおかしくない」と言い切る。

 永浜秀紀主将は「自分たちは歯車型のチーム」と自己分析する。突出した個人の力はないが、一人一人が崩れずにまとまることで力を発揮する。結束力の強さがチームの原動力と自負している。

 永浜主将が重視するのは「主役は自分たちという意志」。練習中もお互いを叱咤(しった)し合い、モチベーションを高め合う。持丸監督も「どんなことをしても勝つという意志が出てきた」とチーム全体の成長を評価する。

 チームを支えるのは栗原洸投手。「ボールの切れとコントロールが持ち味」と自ら胸を張る。「抜群のコントロールの持ち主。リスクを恐れない勝負師の一面もある」と持丸監督も太鼓判を押す。

 春の大会準々決勝の習志野戦では九回裏、無死満塁の危機を乗り越え、勝負師としての一面をのぞかせた。「サヨナラ負けを防げたことで、ピンチのときこそ強い意志を持つ大切さを学んだ」(栗原投手)と言う。大事な一戦を乗り切ったことは、チーム全体の自信となっている。

 春の関東大会は初戦で完封負けしたが、「同じ結果には絶対しない」と気持ちを切り替え、最後の夏に臨む。

 

この記事を印刷する

PR情報