東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・千葉】

<熱球譜>「夏の勝利」後輩に託す 千葉3年・高橋恭平主将

写真

 同点で迎えた九回裏2死二塁。内野からマウンドに近寄り、「おまえなら抑えられる」と二年生エース橋口徹投手の背中をポンとたたいた。だが、無情にも打球は左翼手の頭を越え、サヨナラ負け。試合後、泣きじゃくる下級生エースの背中をもう一度優しくたたいた。

 滑り出しは良かった。初回に四球で出塁し、春に左指のけがに見舞われた高戸良輔選手の二塁打で自ら先制のホームを踏んだ。だが三回裏、自分の送球ミスで出塁した先頭打者が生還し、同点に追い付かれた。反撃に燃えた自分の打席では四球が続き、力を出し切れなかった。

 九回のピンチを乗り切って勝ち越しのチャンスをつくり、「後輩たちに勇姿を見せたかった」と悔しさも隠し切れない。昨年の夏も同級生の中でただ一人ベンチ入りしたが、高校入学後、夏の勝利を経験できないまま終わった。

 ただ「ここまでこれたのは後輩のおかげ」とも。バッテリー含め5人が二年生。勝ちたい故に、後輩につらく当たることもあったが、「迷惑をかけてしまったけど、本当に感謝しています」と汗を拭う。

 「来年こそ1勝してほしい」と果たせなかった夢を後輩に託した。 (佐々木香理)

 

この記事を印刷する

PR情報