東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・千葉】

<熱球譜>笑顔絶やさず完投 千葉商3年・高橋海斗投手

写真

 「こんなもんか、と一気に緊張がほぐれました」。初回の3球目、いきなり成田の先頭打者に本塁打を打たれた。「相手は強豪。全力でぶつかって楽しもう」と、肩の力がすっと抜けた。

 接戦だった。1点差に追いついた直後の五回は、三塁を守る飯島聡吾斗(さあど)選手の失策で1点を失った。めったにエラーをしない飯島選手が、こわばった表情で「悪りいな」とあやまる。「気にすんな」と明るく笑った。「自分が笑顔でいれば、チームがリラックスするから」と試合中も、仲間を思いやることを忘れずにプレーした。

 この日は投げるだけでなく、二回には自ら左前適時打で1点をたたき出した。「自分は(運を)持ってるなと驚いた」と言うが、4−4の同点で迎えた七回、先頭打者への四球から決勝点となる1点を奪われ、完投したものの勝利はつかめなかった。

 一歩及ばなかった悔しさは残るが、試合後は「持てる限りの良い球を投げました」と晴れやかな表情。笑顔を絶やさないのが自分らしさという。「全て出し切ったんだから、下向くなよ」。最後まで白い歯を見せ、号泣する仲間もなぐさめた。

 田中央道監督は「千葉商の絶対的なエースだ」と健闘をたたえた。 (佐々木香理)

 

この記事を印刷する

PR情報