東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・千葉】

<ヒーロー>完投支えた仲間への信頼 稲毛(3年)松尾雄亮投手

写真

 思い切りのよさが、勝利を導いた。2度目の同点に追いつかれた八回、初球を逃さずに左翼へ放った三塁打で勝ち越し。「絶対三振で終わらせる」。最後に投げたのは、内角のストレート。決まった。「よっしゃあ!」。思わず叫んだ。

 これでもか、これでもか−。反撃の姿勢を崩さない拓大紅陵打線相手にストレートを中心に、一人で投げ続けた。「今までの相手とは違う。簡単には勝たせてくれなかった」と、シード校の底力を味わった。

 「ボールが高めに浮いてしまった」という中盤。七回にはボールが頭上を越えて飛び、逆転されたが、焦りはなかった。「仲間が打ってくれる」。仲間への信頼が、完投を支えた。

 仲間とぶつかったこともあった。昨年秋の大会の2次予選では、仲間の失策で敗北。「勝てる試合だったのに、何やってんだよ」と思わず怒りをぶちまけた。しばらく練習にも顔を出さなかった。

 「松尾なしでやるしかない」。中井啓介主将らが覚悟を決めていた中、黙って戻った。ワンマンな態度をなくし、変化球の球種も増やした。中井主将は「松尾なりにいろいろ考えたんだと思います」と振り返る。

 1回戦では大会12年ぶりのノーヒットノーランを達成した。「投げるのが好きです」。勢いに乗って次に進む。 (佐々木香理)

 

この記事を印刷する

PR情報