東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・千葉】

<熱球譜>親友にささげる2安打 成田3年・冨田潤平選手

写真

 悔し涙を手で拭い、控えの松林信人選手(三年)を抱きしめた。「打てたのはおまえのおかげだよ」

 「松林は、自分のスイングの良しあしを一番知っている」。所属していたリトルリーグに共通の友人がいて、高校入学前に行った野球合宿で知り合った。それからは野球に限らず、悩み事は全部ぶつけてきた。アドバイスもたくさんもらった。

 ずっとスイングが不調だった。秋の大会では、最後の打席に立ち、ピッチャーゴロでゲームセット。「情けないバッティングで終わって、格好悪かった」。うまくなりたい−。その一心で、全体練習後は2人きりでバッティング練習に取り組んだ。交代でボールを投げてはひたすら打つ。お互いを鼓舞しながら、練習は真夜中近くまでほぼ毎日続けた。

 試合前に「いつも通りやれよ」と背中を押してくれた松林選手。「冨田なら打てる」と、打席に立つ冨田選手をベンチから見つめていた。

 練習は実を結んだ。初回は直球を右翼へ打ち返した三塁打で、先制となった2点をもたらした。2点を追う八回には、カーブを左翼にふわりと運び、1点差に詰め寄った。

 競り勝つ自信はあった。「負けた瞬間は信じられなかった」。ひとしきり泣いた後、「あの2本は、親友へささげます」と笑った。 (佐々木香理)

 

この記事を印刷する

PR情報