東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・千葉】

<熱球譜>「辛抱できず、ごめん」 千葉国際3年 平田慧也主将

写真

 「もっと(エースの)誠に投げさせたかった」。試合後のロッカールームで、こう自分を責めた。

 初戦に続き、先発でマウンドに登った。背番号2が物語るように、本来は大会注目の右腕、エース相内誠投手(三年)とバッテリーを組み、女房役としてボールを受ける立場。相内投手の負担を減らすため、この日も七回まで投げ、エースは八回1イニングのみの登板となった。

 試合は先制したものの、同点に追いつかれ、六回に勝ち越されると最後まで相手投手を打ち崩せなかった。

 一年の時に野球部に入って相内投手に出会った。「何をやってもすごい」。中学では自分も投手だったこともあり、悔しさもあったが、相内投手の存在が練習の糧となった。

 新チームでバッテリーを組んだ際、変化球の幅を広げて一段と成長している姿に驚かされた。時には自分のサインを無視して変化球を投げてくることもあった。それでもプロ注目のエースを生かそうと、ずっと頭を使ってきた。

 「誠がいれば甲子園に行ける」。こう信じて仲間とやってきた。4番打者としてこの日は左越え本塁打も放ったが、夢は消えた。

 ロッカールームでは、座ったまま顔を伏せて泣くエースに手を差し伸べたが、「自分が最後まで辛抱できなくて…。『誠、ごめん』っていう思いしかないです」。目を赤くして唇をかみしめた。 (佐々木香理)

 

この記事を印刷する

PR情報