東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・千葉】

松戸国際が初の4強 昨年の覇者 習志野コールド負け

木更津総合−西武台千葉 延長10回に勝ち越し本塁打を放ち生還する木更津総合の高橋選手(右)=QVCマリンフィールドで

写真

 夏の高校野球県大会は二十二日、準々決勝4試合が県内2球場で行われ、松戸国際が初の4強入りしたほか、専大松戸、木更津総合、柏日体が準決勝に進んだ。 (佐々木香理)

 木更津総合は2点リードで迎えた九回、2死から西武台千葉に同点に追い付かれて延長戦に突入。十回2死から高橋慎之介選手(三年)が4球目の直球を捉えて右越えに勝ち越し本塁打を放ち、激闘を制した。

 柏日体は初回に習志野から1点先制後、小刻みに追加点を重ね、四回には4番市川将汰選手(三年)の右中間への適時三塁打で、昨年の覇者習志野を突き放した。

 松戸国際は中央学院に先制を許したが、五回に逆転。七回に同点に追いつかれたものの直後の八回、阿部拳汰郎選手(三年)の適時三塁打で勝ち越し点を挙げ、接戦を制した。

 専大松戸は序盤から流れをつかみ、五回には永浜秀紀主将(三年)の本塁打で点差を広げ、東海大浦安を下した。

 二十三日の調整日を挟み、準決勝2試合は二十四日、QVCマリンフィールド(千葉市美浜区)で行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報