東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・千葉】

<熱球譜>観客沸かせた全力プレー 永浜 秀紀主将(専大松戸3年)

1点リードされた八回、中堅への犠飛で同点のホームを踏んだ。この日一番の笑顔をみせ、勢いよく仲間の待つ三塁側ベンチへ駆け込んだ。

写真

 主将としてチームを引っ張る全力プレーも、観客を沸かせた。延長十一回裏、先頭打者の小飛球が自分が守る中堅方向に上がった。全力で前進し、後退してきた山川一樹二塁手(三年)と激突。2人ともしばらく起き上がれなかったが、ボールは山川選手がつかんで離さなかった。担架でベンチ裏に運ばれたが、笑顔で2人がグラウンドに戻ると、相手側スタンドからも拍手が送られた。

 昨年のチームからはプロ野球選手を輩出したが、今年は「歯車型のチーム」と言ってきた。個人の力に頼るのでなく、チームの総合力で、優勝した春の大会に続き夏もここまで勝ち上がってきた。

 その歯車がこの日はかみ合わず、エースの栗原洸投手(三年)は投球に固さが目立ち、五回で降板。劣勢の展開が続いたが、それでも「楽しんでやろう」と仲間を鼓舞した。

 十一回裏、サヨナラでゲームセットの瞬間、顔をゆがめて泣いた。ただ、試合後はスタンド前でうずくまる仲間の背中に手を差し伸べた。「負けたのは誰のせいでもない。全員の責任だ」

 甲子園には届かなかった。それでも手にしたものがある。「仲間がいなかったら野球は続けてこられなかった。一生の宝です」。また涙があふれた。 (佐々木香理)

 

この記事を印刷する

PR情報