東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・千葉】

<熱球譜>躍進の原動力「やり切った」 柏日体3年 広辻健太郎主将

写真

 八回表、代わったばかりの投手が、2連続四球。思わずマスクをかぶったままマウンドに駆け寄り、ミットで投手の胸をぽーんとたたいた。「ここまで来たら思い切ってやるしかないだろ」。既に7点の大差がついていたが、このひと言で投手は自分を取り戻した。

 序盤から苦しかった。低めにリードしたが、真ん中に入ってしまう。「相手は甘い球を見逃さなかった。力の差を感じました」

 捕手を始めたのは昨年、新チームになってから。秋の大会で早速壁にぶつかった。準決勝の初回、初球から内角を要求して痛打され、バントの構えの次打者は2球で追い込みながら、高めの直球を三塁打されて先制を許し、そのまま敗退した。

 「普通はやらない配球。冷静じゃなかった」。悔しさを胸に、各投手の特長や性格を観察し、それぞれに配球を考えた。今大会は4投手をリードし、準決勝まで6試合で6失点。金原健博監督は「広辻に尽きる」と認め、躍進の原動力だった。

 決勝は被安打18、9失点。「ストライクを欲しがる弱気が出て投手に伝わってしまったかも」と反省する。しかし涙はない。「最後まで楽しくやれました。やり切りました」。力を出し尽くした満足感が、晴れ晴れとした笑みに表れていた。 (横山大輔)

 

この記事を印刷する

PR情報