東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

伊奈1安打完封で快勝

伊奈−三和 3回表伊奈1死一、二塁から本塁打を放った黒木選手(右)=笠間市民球場で

写真

 第94回全国高校野球選手権茨城大会は11日、水戸市民球場など4球場で計8試合があった。取手一の渡部敦士投手が大洗を相手に5回コールドながら「完全試合」を達成。伊奈の宮良彰人投手、太田一の川崎勝也投手もともに被安打1と好投した。鉾田一や土浦一は最終回までもつれる白熱した展開になり、球場は沸いた。 (小沢慧一)

 取手一は三回までに18点の大量点を奪った。伊奈の宮良投手は無安打無得点まであと1人と迫ったが三和の森田拓哉選手に右前打を許し、記録達成はならなかった。

 主将が選手宣誓した鉾田一は2点を先制されるも、九回表に相手の失策や安原悠選手の安打で3点を取り逆転、そのまま逃げ切った。

 土浦一も、同点で迎えた九回、代打海老原芳樹選手の適時打で、サヨナラ勝ちした。

 

この記事を印刷する

PR情報