東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

<熱球譜>表情変えずチームを鼓舞 つくば秀英・大山悠輔主将(3年)

写真

 最終回2死の打席で低めの速球をフルスイングして左前安打。逆転へ気持ちを込めたガッツポーズはなく、いつも通りのポーカーフェースだった。

 高校通算30本塁打の強打者で投手としても最速140キロを超える注目の選手だ。

 「プロ野球選手になるには、プロに一番近い選手がいる学校で一緒に練習したい」。中学三年の時、先輩の塚原頌平(しょうへい)さん(現オリックス投手)の練習を見に行き、入学を決めた。

 当時の監督が「見て学べ」と寮も塚原さんと同じ部屋にしてもらった。食事の取り方など生活をまね、夜遅くまで野球について話した。そこで学んだのはピンチの乗り越え方。どんな状況でも慌てずチームを引っ張っていくこと。試合ではいつも安定した精神状態を心掛けた。

 試合では、4打数3安打と活躍。出塁しても、投手で勝ち越し点を取られても、表情はいつもと同じ。それが周りに安心感を与えた。

 甲子園に行けなかったが動じないプレーでチームを引っ張れたと悔いはない。「あこがれは塚原選手。いつかプロで対戦できるよう、がんばります」 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報