東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

水戸商、コールド発進 第8シードの下館一敗退

波崎−水戸商 6回裏水戸商2死二、三塁、鈴木悠太選手の適時打で7点目のホームを踏む庄司大樹選手(中)=水戸市民球場で

写真

 第94回全国高校野球選手権茨城大会は十四日、水戸市民球場など4球場で2回戦12試合があった。この日からシード校が登場。第1シードの水戸商と第4シードの土浦湖北は七回コールドで3回戦にコマを進めたが、第8シードの下館一は初戦で敗退した。

 土浦湖北は野口和希、石塚龍也両投手のリレーで無安打無失点。水戸商は六回まで登板した近藤駿也投手が被安打1で相手打線を0点に封じた。緑岡は同点で迎えた九回、下館一にサヨナラ勝ち。勝田も九回3点を奪って逆転サヨナラを飾った。 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報