東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

常総学院、藤代など快勝

取手一−土浦三 9回表取手一1死満塁、佐藤龍汰選手の犠飛でホームを突く原村大輝選手=土浦市営球場で

写真

 第94回全国高校野球選手権茨城大会は十六日、水戸市民球場など5球場で2回戦10試合があった。

 この日、県内各地で今年一番の暑さを記録し、笠間市民、常陸大宮市民両球場では応援に来た女子高校生計6人が熱中症で倒れ、搬送された。

 シード校の常総学院は菅原拓那、飯田晴海、伊藤侃嗣の3投手が零封リレーで八回コールド勝ち。藤代も八回、粘り強いピッチングを展開した相手投手をとらえ辛勝した。

 鹿島は延長十五回、打上滉己選手の適時三塁打でサヨナラ勝ちした。取手一は2点差で迎えた九回表に適時打や敵失などで4点を挙げ、逆転で勝利を飾った。

 十七日は調整日で試合がなく、十八日からは3回戦が水戸市民、日立市民、土浦市営、笠間市民の4球場で行われる。

  (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報