東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

ベスト8出そろう

常総学院−鹿島 2回表常総学院2死三塁、適時打を放つ杉本智哉主将=水戸市民球場で

写真

 第94回全国高校野球選手権茨城大会は二十一日、水戸市民球場など3球場で4回戦8試合があり、ベスト8が決まった。

 水戸商は木村貴大投手が2安打無失点の好投を見せた。常総学院は15安打と打線が爆発し、3試合連続のコールド勝ち。水戸桜ノ牧は五回コールドで8強入り、霞ケ浦は完封勝ちをおさめた。藤代は5点差で迎えた九回裏に4点を奪われるも、斉藤勇希投手が踏ん張り、逃げ切った。

 二十二日は調整日で試合がなく、二十三日に水戸市民球場など2球場で準々決勝の4試合が行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報