東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・茨城】

常総、終盤に逆転

水戸工−竜ケ崎一 5回裏竜ケ崎一の定森正浩選手の犠飛で本塁に生還する猪野瀬卓選手(左)=日立市民球場で

写真

 第94回全国高校野球選手権茨城大会は二十三日、水戸市民球場など2球場で準々決勝4試合があり、ベスト4が決まった。二十四日は試合がなく、二十五日に水戸市民球場で準決勝の水戸商−水城、竜ケ崎一−常総学院の2試合が行われる。

 水戸商業は14安打と打線が爆発し、11点を奪って七回コールド勝ち。水城は主戦浅野優介が6安打2失点で完投し、打線も大量7点で援護した。

 常総学院は昨年準決勝で敗れた前回優勝の藤代に四回までに3点をリードされたが終盤に6点を返して逆転し、雪辱を果たした。竜ケ崎一は4点リードの六回以降、継投で相手の反撃を1点に抑えた。 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

PR情報