東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・埼玉】

<熱球譜>つなぐ野球 チームけん引 聖望学園3年 小林健斗主将

3回に中前打を放つ小林主将

写真

 「ヒットを打つことは重視しない」。先頭打者として臨んだ九回裏、なるべく球数を投げさせようと、追い込まれてからの4球目を自信を持って見送った。「低い」。だが審判はストライクを宣告し、三振に倒れた。

 後続も凡退し、試合終了。甲子園の夢が目前でやぶれ、他の選手が悔しさや涙を見せる中、表情は一人だけすがすがしかった。

 「このチームは、おまえに任せる」。岡本幹成・前監督にそう託されたのは、昨秋の新チーム結成後。強豪校とあり、選手一人一人のプライドが高く、改善点一つを指摘するのも容易ではなかった。それでもモットーとする「つなぐ野球」を実現するため、副主将の田浦諒二選手(三年)と気後れせず主張し、チームをまとめた。

 主将として真骨頂を見せたのは、準々決勝の狭山ケ丘戦だ。九回表が終わって2点のビハインドを負い、裏の攻撃を残すのみとなった時、ベンチで数人の選手が早くも泣きだした。「まだ終わってない。これを乗り越えられなきゃ優勝なんてできない」。一年の夏からレギュラーで出場し、経験を積んだ自分だけが冷静だった。奮起したチームは執念で2点をもぎ取り、最後は自分のバットで試合を決めた。

 この日の試合でも、三塁手として四回に三走を補殺する好プレーを披露。最後の打席も「1番打者の役割を果たそうとした結果」と前を向く。

 「決勝でやろうぜ」。今大会の抽選会で、浦和学院の明石飛真(ひゅうま)主将(三年)と約束した。「実現できたので悔いはない。俺たちを倒したからには、優勝旗を持ち帰ってもらわないと」。浦和学院の必勝を願う笑顔は、どこまでもさわやかだった。 (池田友次郎)

 

この記事を印刷する

PR情報