東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・埼玉】

浦学快勝で甲子園切符

甲子園出場を決め、スタンドの観客へ拳を突き上げる浦和学院ナイン=県営大宮公園野球場で

写真

 第94回全国高校野球選手権埼玉大会の決勝が二十八日、県営大宮公園野球場であり、浦和学院が4−0で聖望学園に快勝し、4年ぶり11回目の優勝を果たした。来月八日に開幕する全国選手権大会に出場する。

 浦和学院は11安打無失点と投打で圧倒した。一回に3番佐藤拓也投手(三年)の中前適時打で1点を先制。七回にも2番林崎龍也捕手(三年)らの適時打で3点を追加し、試合を決めた。投げては先発の佐藤投手が散発3安打に抑え、三塁を踏ませずに完封した。聖望学園は先発の川畑諒太投手(二年)の好投と堅守で接戦に持ち込んだが、終盤に力尽きた。

 

この記事を印刷する

PR情報