東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 94回大会 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第94回全国高校野球選手権大会(2012)・栃木】

<ヒーロー>努力重ね、大一番で成果 作新学院3年 吉田紘大選手

小中学校時代は無名だった吉田選手。打撃で連覇に大きく貢献した

写真

 試合終了の瞬間からうれし涙がこぼれ始めた。努力を人より重ねた分、流した涙の量も多かった。校歌は途中で歌えなくなった。

 小学二年で野球を始め、小中学校時代は主軸として活躍。チームは弱かったが、強豪・作新学院に進学した。選手になる自信があった。しかし、入部早々、レベルの高さに圧倒された。投げる球も打球も想像を超え、「自分が小さく見えた」。

 同級生は一年生のうちから次々にベンチ入りしていった。「選手になれないかも」「努力を重ねればきっと大丈夫だ」。不安と期待が胸の中で交錯した。

 自分を信じ、グラウンドや自宅でとにかくバットを振り込んだ。練習を終え、家に着くのが午後11時を過ぎてもバットを握った。

 ようやくベンチ入りを果たしたのは三年春の県大会。今大会も、100人近い部員の間での激しいユニホーム争いをくぐり抜け、背番号「16」を勝ち取った。

 この日は初戦以来のスタメン出場で、5番左翼手。仲間が相手校のエースを打ちあぐねる中、三塁打を含む4打数2安打をたたき出した。

 「練習はうそをつかなかった」。小学校時代は県ベスト8、中学は県大会2回戦敗退。“どこにでもいそうな普通の選手”が、甲子園への道を自分で切り開いた。 (石井紀代美)

 

この記事を印刷する

PR情報