東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 96回大会 > 群馬 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第96回全国高校野球選手権大会(2014)・群馬】

投手3人 ノーヒットノーランリレー 健大高崎 守って頂点

優勝を決め、マウンドに駆け寄る健大高崎ナイン=前橋市の上毛新聞敷島球場で

写真

 第96回全国高校野球選手権群馬大会は二十七日、前橋市の上毛新聞敷島球場で決勝を行い、健大高崎が伊勢崎清明を1−0で破り、3年ぶり2度目の優勝を果たした。全国大会は八月六日に抽選会があり、九日に開幕する。(伊藤弘喜)

 健大高崎は三回、川井智也投手(二年)が1死から左中間に二塁打を放ち、塁に出た。2死三塁、星野雄亮(ゆうすけ)選手(三年)がセーフティーバントを決め、三塁の川井投手が生還し、先制点を挙げた。

 守っては川井、高橋和輝(三年)、松野光次郎(同)の3投手が継投し、相手打線を無安打に抑えた。

 伊勢崎清明は七回に相手の失策に乗じて、九回にも四死球を足掛かりに、それぞれ走者を三塁まで進めたが、打線が沈黙した。

 

この記事を印刷する

PR情報