東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 96回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第96回全国高校野球選手権大会(2014)・茨城】

決勝は藤代×霞ケ浦 第1シード常総学院敗れる

霞ケ浦−取手松陽 3回表霞ケ浦2死一、二塁、先制タイムリーを放つ菅原直輝選手=水戸市民球場で

写真

 夏の甲子園切符を懸けた第96回全国高校野球選手権茨城大会は二十四日、水戸市民球場で準決勝2試合を行い、藤代が5−1で常総学院に、霞ケ浦が3−1で取手松陽にそれぞれ勝って決勝進出を決めた。藤代は3年ぶり3回目の優勝を、2年連続で決勝に残った霞ケ浦は悲願の初優勝を狙う。 (妹尾聡太)

 第1試合、藤代は初回に飯塚幸大選手の適時二塁打で先制すると、終盤の七、八回にも加点して逃げ切った。エース竹内悠投手は9安打を許しながらも要所を締めて完投した。3年連続の夏の甲子園出場を目指していた第1シードの常総学院は、先発の金子雄太投手が2失点と粘ったが、打線が援護できなかった。

 第2試合、霞ケ浦は三回に菅原直輝選手の適時打で先制。同点とされた後の五回には、犠飛と再び菅原選手のタイムリーで勝ち越した。取手松陽は二枚看板の内村悠斗、海老原太一両投手の継投でしのいだが、打撃陣が霞ケ浦の上野拓真投手を崩せなかった。

 決勝は二十五日午前十時から、水戸市民球場で行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報