東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 96回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第96回全国高校野球選手権大会(2014)・茨城】

<ヒーロー>大敗バネに「成長できた」 藤代3年・竹内悠投手

写真

 優勝の原動力となったエース左腕は、試合を淡々と振り返った。「野手の皆が頑張ってくれた」。決して本調子ではないものの、序盤の大量点が楽にしてくれた。あとは「自分の最高のボールを投げるだけ」。

 直球でぐいぐい押すのが信条。菊地一郎監督が「開き直れる」と評する芯の強さがある。けれど、初めて背番号1を着けて臨んだ昨秋の県大会は、試合の雰囲気にのまれた。この日勝った霞ケ浦を相手に自滅し、コールド負けを喫した。

 それから一年近く。いつも「相手を意識せず、自分のできる最大限を」と言い聞かせてきた。登板回数を重ねるうちに、少しずつ動じない心が身に付いたと感じる。今では「あの大敗があったから成長できた」と言えるまでになった。

 今大会で戦ってきた強敵が、さらに成長させてくれた。2回戦で投げ合った下館工の谷中規彦投手は、連続三振記録やノーヒットノーランを打ち立てた好投手。準決勝では3連覇を狙う常総学院を相手に完投した。そして昨年負けた霞ケ浦のエース、上野拓真投手に決勝で投げ勝った。

 とはいえこの日は頼りの直球が甘く入り、七回途中で降板。課題を克服し、もう一回り大きくなった姿を甲子園のマウンドで見せるつもりだ。 (妹尾聡太)

 

この記事を印刷する

PR情報