東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 96回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第96回全国高校野球選手権大会(2014)・埼玉】

<ヒーロー>強気の変化球 危機しのぐ 春日部共栄3年 金子大地投手

写真

 消耗し、苦しいマウンドだった。いつもは得意な右打者の内角をえぐるコースが、わずかに打者寄りに乱れる。六回、2死球などを与えて1点を勝ち越され、なお2死満塁。勝負どころだった。

 「焦ることないよ。俺たちが打って返してやるから」。タイムを取った佐野尚輝二塁手の掛け声で気持ちが楽になった。「ここで抑えれば必ず逆転してくれる」。仲間を信じ、低めに投じたチェンジアップに相手のバットが空を切った。三振に仕留め、最大のピンチをしのいだ。

 八回には自ら左前打で出塁。佐野選手の適時打で逆転のホームを踏んだ。「本当に打ってくれるとは」。宣言通りの仲間の活躍に舌を巻いた。

 5点のリードを得て迎えた九回。「連打されれば勝負は分からない。とにかく守屋(元気捕手)の構えた所を目がけて投げた」と、丁寧な投球に徹した。最後の打者を二ゴロに打ち取ると、マウンドに駆け寄った仲間たちと人さし指を高々と突き上げた。

 「甲子園でも緊張せず、いつも通りの野球をする。その結果として全国制覇ができれば」。控えめな言葉で、一番高い頂点への夢を語った。 (谷岡聖史)

 

この記事を印刷する

PR情報