東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 96回大会 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第96回全国高校野球選手権大会(2014)・埼玉】

春日部共栄 底力見せ頂点 8回集中打 市川越を逆転

甲子園出場を決め、喜びを爆発させる春日部共栄の選手たち=県営大宮公園野球場で

写真

 第96回全国高校野球選手権埼玉大会の決勝が27日、さいたま市の県営大宮公園野球場であり、春日部共栄が7−2で市川越に逆転勝ちし、9年ぶり5回目の優勝を果たした。来月9日に甲子園で開幕する本大会に出場する。(増田紗苗、谷岡聖史)

 左腕エース対決を春日部共栄が制した。金子大地投手(三年)は制球に苦しみ、被安打8を許しながらも、要所を締めて2失点に抑えた。八回には佐野尚輝選手(同)の2点適時打など打者10人の猛攻で一挙6点を奪い、試合を決めた。

 市川越の上條将希(まさき)投手(同)も、七回に2死満塁のピンチを無失点で切り抜けるなど好投を見せたが、八回に力尽き、1点のリードを守れなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報