東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・千葉】

<ヒーロー>雪辱晴らす猛攻の口火に 専大松戸3年・河村 佳祐捕手

写真

 先制され、エースも引きずり下ろされた。七回には3点目を奪われ、観客は習志野の勝利を意識し始めてた。だが「大丈夫だ。普段通りのプレーができている」と落ち着いていた。1死二、三塁のピンチが続く中、飛び出した三走を見逃さず素早く送球。挟殺プレーで二走と一緒に殺し、球場の雰囲気を変えた。

 「隙を見せたな。行ける」。七回の攻撃前、円陣を組み「ラッキーセブンだ。思い切って行こう」と、チームだけでなくこの回先頭打者の自らを鼓舞した。好投を続ける相手エースの球を見極め、6球目の直球をはじき返した。打者11人で7点を奪う猛攻の口火を切った。

 昨夏の決勝にも出場し、目の前で甲子園出場を逃した。「やれることを出し尽くせたのだろうか」と後悔した。だが新チーム発足後も、全力を出せたと実感できる試合は少なかった。厳しい練習後、毎日全員で100メートルダッシュを繰り返した。全力を出し尽くすことを体に染み込ませた。

 チームは強くなったと実感する。捕手として向き合う投手、野手は「苦しくなったら打たせてとれる」と安心させてくれる。この日もエースが不調だったが、2番手が力投。全員が普段通りの全力を出せたことで「焦りはなかった」と振り返る。

 昨夏の悔しさをやっと消せた。甲子園という未経験のステージ。「どう戦うかは想像もできない。だけど思い切って、全力で暴れたい」と夢に見た舞台に思いをはせた。 (渡辺陽太郎)

 

この記事を印刷する

PR情報