東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・東東京】

東・西東京大会 球場と日程決まる

 都高校野球連盟は二十三日、第97回全国高校野球選手権大会東・西東京大会の全試合分の会場と時間を発表した。

 東大会の第一シード関東一の初戦は十五日午前九時から神宮球場、西大会の第一シード日大三の初戦は十四日午前十時から八王子市民球場で。また、選抜大会に出場した東の二松学舎大付は十六日午前九時から神宮球場、西の東海大菅生は十六日午前九時から府中市民球場で初戦を迎える。いずれも雨などで順延する場合がある。

 東大会の開幕戦と東・西大会の準々決勝以降の会場と時間は、すでに公表されていた。そのほかは二十日の抽選結果を基に、予想観客数や学校からの利便性などを考慮して都高野連が割り振った。

 大学・社会人ラグビー名監督の清宮克幸さんの長男で、リトル時代に世界選手権で優勝した注目の一年生強打者清宮幸太郎選手を擁する早実は、日大三とともに大会を円滑に運営できるよう西大会の球場では最も観客席が多く、インタビュースペースもある八王子市民球場で試合を行う。 (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

PR情報