東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 97回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第97回全国高校野球選手権大会(2015)・東東京】

<熱球譜>悔しいアクシデント 目黒学院3年 山下 航(わたる)投手

先発で好投するも脚を痛め7回の守備を終え、チームメートの肩を借りて引き揚げる目黒学院の山下投手(右)=神宮球場で

写真

 「とにかく祈るだけ」。自分の後を四選手が代わる代わるマウンドに上がるがストライクが全く入らない。ベンチから見守った九回、8失点で逆転を許し、高校最後の夏が終わった。

 4番エースで迎えた今大会。六回まで要所を抑えて無失点。開幕戦の緊張もなく楽しめた。「後半から飛ばしていくぞ」と思った直後の六回裏、打順を待つためしゃがんだ時に右脚太ももの裏がつった。

 七回はマウンドに上がったが、2死一、二塁から右翼線への二塁打で初失点。四球を与えたところで左翼に移った。八回の打席でも全力疾走できず、九回の守備でベンチに退いた。二人の控え投手は制球が定まらず、最後は遊撃手の主将に託すしかなかった。

 内藤一広監督は「七回は本人が投げられないと言った。珍しいことなので驚いた」。采配については「次の試合のことを考えた」とエースの体を気遣った。

 一年夏からベンチ入りし、経験を積んできた。しかし、初戦で脚がつったことに「自分が情けなさすぎて。頑張ったら行けたと思う」と悔しがる。後輩には「走り込んで、こうならないようにしてほしい」と淡々と語る目に涙はなかった。 (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

PR情報